スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の血液中クレアチニンの値

血液データーのBUNとCrの比はたんぱく摂取量の目安として,
利用することが多い。

一般的に
BUN/Crが10を超えると,過剰なたんぱく質摂取量が疑われる。
しかし高齢者は筋肉量が少ないのでCrよりもBUNが上がりやすい。
スポンサーサイト

塩分と血圧

塩分の摂取量と,血圧の値は相関があるとのデーターは有名ですが,
一般人を対象としたDASH-Soduim研究では,
412名の高血圧患者で食塩摂取量を1日9gに減らし,
30日後に6g,さらに30日後に3gとした場合,
食事内容にもかかわらず塩分制限の程度に従って血圧
が低下したとのデーターがあります。
Sacks FM.et al
N Engl J Med 2001:344(1):3-10



高血圧には塩分コントロールの重要ですね。

ネプローゼ症候群とその栄養管理3

★薬の副作用に対する対応

ステロイド治療時には,食欲増進や高血糖を生じやすく,
エネルギー制限や場合によっては,インスリンの東洋する場合もあります。

★浮腫に対する対応 
腸管浮腫で下痢や吸収不良が続き場合は,一時的に栄養・薬剤の軽静脈投与も考慮します。

★検査データーに対する対応

・高脂血症
 低たんぱく血症や尿中へのたんぱく損失によってもたらされる場合も多く,栄養過剰は意味しない。

・低アルブミン血症
  尿中へのたんぱく損失によってもたらされる。アルブミン製剤の栄養補給認められていない。



※ネフローゼ症候群とその栄養管理1.2.3 
参考文献 JJNスペシャル NO87(医学書院)  実践!臨床栄養学 より

         

ネプローゼ症候群とその栄養管理2

ネプローゼ症候群の栄養療法は

1,微小変化型ネプローゼ(治療反応良好タイプ)
  ・ エネルギー(kcal/kg/day)  35
  ・ たんぱく質(g/kg/day)   1.0~1.1
  ・ 食塩    (g/day)    0~7
  ・ カリウム  (mg/day)  血清カリウム値により増減
  ・ 水分     (ml/day)  制限せず 注1

2,微小変化型ネプローゼ(治療反応良好タイプ)
  ・ エネルギー(kcal/kg/day)  35
  ・ たんぱく質(g/kg/day)    0.8
  ・ 食塩    (g/day)     5
  ・ カリウム  (mg/day)  血清カリウム値により増減
  ・ 水分     (ml/day)  制限せず 注1


 注1 高度の難治性浮腫の場合には水分制限を要する場合もある



ネプローゼ症候群とその栄養管理1

ネプローゼ症候群も腎臓病疾患として多く存在します。

★ネプローゼ症候群とは?

症候群と言うと,いくとかの基準を満たしている人を差します。
皆様よく御存じなのがメタボリック症候群。

ネプローゼ症候群 (成人の診断基準)
以下のうち1,2,は必須,3,4,は非必須

1,1日3.5g以上の蛋白尿

2,低タンパク血症 
    血清総タンパクで6.0g/dL以下
    血清アルブミン濃度で3.0/dL以下


3,高コレステロール血症 
    血清総コレステロール250mg/dL以上

4,浮腫

次回は,栄養療法について




プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。