スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低たんぱくごはんの利用

P1010473.jpg
たんぱく質が通常の1/25のごはん。



低たんぱくご飯,継続が難しいのが問題になっています。

それは,たんぱく質の含有量が少なくなればなるほど,ご飯本来の味がなくなります。

先日,低たんぱく米を炊飯し,余ったので冷凍したものを使って
ライスコロッケをつくったところ,
通常の冷凍ご飯を使用したのとほとんど変わりなく,出来上がりました。

一度チャレンジしてみてください。

スポンサーサイト

低たんぱくごはん

101122_2148~01
低たんぱくごはん 赤飯 

お正月に向けて,低たんぱく米で赤飯のレシピ作成中

逆?!に市販されているレトルトの低たんぱく赤飯
食べ比べるようにと手渡された

1パック 180g当たり
エネルギー306kcal
たんぱく質0.18g
食塩相当量0.01g

低たんぱく食の限界

通常食品のみを使って献立を立てた場合、
どのくらいまで低たんぱくが可能がご存じでしょうか?



1日のたんぱ質量が
30gでは1500kcal
35gでは1600kcalであると言われています。

そうするとせいぜい
0.8g/kgBW/dayまで ※BW標準体重

これ以下の指示量で栄養指導をする場合は
低たんぱくの特殊食品の使用を考えないと
通常の食品のみによる食事療法では、
栄養不足になる危険性があります。

参考文献 functional Food 2008 vol.2 No 1 P47-53




腎臓病対応食品は利用した方がよい?

腎臓病の食事療法の基本が、
ステージにもよりますが、
主に 減塩、低タンパク、高エネルギー
そして、症状に応じて カリウム、リン 水分制限ですが、

先日、腎臓病対応食品(主に低タンパク食品)を指導時に勧めるか?と
管理栄養士の方々と意見交換していたのですが、

多かった意見は低タンパクのごはんのみを勧めるという意見でした。
しかし、3食低タンパク食にした場合は、
1日約¥600×1ヶ月(30日)=¥18000

もちろん低タンパク食にするくらいですから、
病院への通院費用がこれに付加されます。

費用は、かからず、続けられる栄養指導、
課題は難しいです。




阪神淡路大震災から今日で15年

1995年1月17日 阪神淡路大震災 

私事ですが、当時大阪の大学病院の研究室に勤務しており、
一緒にお仕事をしていたドクターの1人から、
被災して調理も出来ず、透析時間も短くなった透析患者さんは
どんな食事をしたら良いかと質問されたのが、
私と透析食との初めてのかかわりでした。

あれから15年、今でもあの日の事は忘れられません。



特に食事制限のある方は、
もしもの場合に、備蓄必要だと思います。

100115_2239~01
長期保存(4年?)できる、タンパク質の調整 梅がゆ





プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。