スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の血液中クレアチニンの値

血液データーのBUNとCrの比はたんぱく摂取量の目安として,
利用することが多い。

一般的に
BUN/Crが10を超えると,過剰なたんぱく質摂取量が疑われる。
しかし高齢者は筋肉量が少ないのでCrよりもBUNが上がりやすい。
スポンサーサイト

塩分と血圧

塩分の摂取量と,血圧の値は相関があるとのデーターは有名ですが,
一般人を対象としたDASH-Soduim研究では,
412名の高血圧患者で食塩摂取量を1日9gに減らし,
30日後に6g,さらに30日後に3gとした場合,
食事内容にもかかわらず塩分制限の程度に従って血圧
が低下したとのデーターがあります。
Sacks FM.et al
N Engl J Med 2001:344(1):3-10



高血圧には塩分コントロールの重要ですね。

透析治療で長寿?!

透析患者さんにとって食事コントロールは,合併症予防にとって大変重要であります。

では,透析治療をうけながら,どのくらい生きられるのか?

2009年末での最長透析歴は41年9カ月

昭和47年から全額医療費補助が可能になったのを考えると,日本の透析医療技術の高さが,うかがえます。

透析導入年齢が,近年では60代と考えると,透析しながらでも
平均寿命まで生きる事は,可能です。

必要な栄養素をきっちり摂取する事が,大切だと思います。

プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。