スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓病対応食品は利用した方がよい?

腎臓病の食事療法の基本が、
ステージにもよりますが、
主に 減塩、低タンパク、高エネルギー
そして、症状に応じて カリウム、リン 水分制限ですが、

先日、腎臓病対応食品(主に低タンパク食品)を指導時に勧めるか?と
管理栄養士の方々と意見交換していたのですが、

多かった意見は低タンパクのごはんのみを勧めるという意見でした。
しかし、3食低タンパク食にした場合は、
1日約¥600×1ヶ月(30日)=¥18000

もちろん低タンパク食にするくらいですから、
病院への通院費用がこれに付加されます。

費用は、かからず、続けられる栄養指導、
課題は難しいです。




スポンサーサイト

comment

Secret

低タンパク食品

はじめまして
腎臓病の保存期の患者です。
記事を興味深く拝読させていただきました。

私の腎機能、クレアチニンは2.8~3.0でCKDのステージ4です。
心臓病の合併症もあるからでしょうか、主治医の先生からは
現在たんぱく質制限50gという比較的緩い指示です。
ただ、今後の腎機能の低下を想定して
30~40gの低たんぱく質の食事をどうとればいいか
自分であれこれ試行錯誤中です。

今後も勉強させて下さい。
プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。