スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎疾患の病態と食事療法の基本-2

喫煙は心血管障害のリスク要因であると同時にCKD進行のリスク要因とみなされています。
禁煙する事が推奨されています。


4)高窒素血症(BUN上昇)
  たんぱく質制限(0.6~0.8g/kg/日) 
  【効果】 血清尿素窒素低下 尿毒症症状の抑制

5)高カリウム血症
  カリウム制限(1500mg以下/日)
 【効果】血清カリウムの低下

6)高リン血症
  たんぱく質制限(0.6~0.8g/kg/日) 
  リン制限mg(たんぱく質g×15)/日
 【効果】血清リン低下 血管石灰化抑制

7)代謝性アシドーシス
  たんぱく質制限(0.6~0.8g/kg/日) 
  【効果】代謝性アシドーシスの改善

標準体重(kg)={身長(m)×身長(m)×22)

病態と食事基本理解する事が大切です。

※CKD診療ガイド2009より引用

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。