スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性腎臓病(CKD)患者でのカルシウム摂取量

慢性腎臓病(CKD)の栄養治療において
カルシウムの摂取量については、特に指示がない場合が多いですが、

よく、”カルシウムについてはどうすればよいか”質問があります。

一般的に、CKDの患者さんは、カルシウムが含む薬剤が内服されている場合が多く、
その為、食事の摂取量を規定していないのが主な理由です。

しかし、薬剤を内服していない場合に、
食事からカルシウムを摂取すると、たんぱく質やリンも増加してしまいます。

その為、逆に不足の方へ、カルシウム薬剤を補給する方法もとられています。
しかし、異所性石灰化・血管石灰化の促進に働く場合もあるので、これは医師と
よく相談しながら注意して補給しなければなりません。

参考文献:栄養ー評価と治療vok.26 no.2

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。