スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見たDVDより

LorenzosOil.jpg
ロレンツォのオイル 命の歌 DVD

現在腎症を含めて130疾患の難病(特定疾患)がありますが、
上記の映画で出てくる副腎白質ジストロフィーも難病にあたります。

この病気は長鎖脂肪酸を分解する酵素がない為に、この脂肪酸が
蓄積しミエリンを破壊する怖い病気で、発症すると2年以内に死亡する
不治の病として1970代に発見された病気です。
この病気になった子供を助けるために、
医療知識の全くない両親が手作業で文献を検索し、その結果
特殊なオイルを用いた食事療法で延命できたという実話をもとに
作られた作品です。

栄養学的な立場からみるのも面白いかもしれません。

臓器移植法改正案、「A案」成立

先日13日の午後の本会議で、「A案」を可決。同法案は、成立しました。

現法との違いは三点
1)今は、本人に提供の意思表示があり、家族が拒否しない場合に臓器摘出が可能だが、
 A案では、本人の提供の意思が不明な場合も、家族の承諾があれば臓器摘出が可能になる

2)15歳以上となっている臓器摘出可能年齢の制限が撤廃され、
 子どもへの臓器移植も可能になる。

3)書面での意思表示があれば、「親族への優先提供」も可能になる。

新聞記事より抜粋しました。

臓器移植法案 衆議院可決

20090619-00000159-san-pol-view-000.jpg

先週の木曜日 子供の臓器移植に道を開くかどうかが焦点となっている臓器移植法改正4案は、
A案で衆院本会議で可決された。

どうして10年以上の放置されていたのか、疑問に思いながら、
和田移植から約40年、現在は海外移植が厳しくなっている現状もあり、
日本での心臓移植に大きな前進となる法案である事は間違いない。

友人が20年近く前に死体腎による献腎移植を行ったが、
死体腎は宝くじに当るような確立だ!と言われたそうだ。

この法案は今後、参院厚生労働委員会で審議入りされるが
実現できる制度作りを期待したい。


豚インフルエンザ

ここ数日、新型インフルエンザの情報が氾濫していますが、

透析者など、必ず医療機関で治療しなければならない方にとっては、
外出を余儀なくされ、感染する機会が必ずしもゼロではなく心配な方も多いともいます。

疫学調査中で、依然 不明な点が多い豚インフルエンザ
詳しい情報はこちらのページを参考に⇒厚生労働省

口腔内ケアで味覚感受性アップ

腎臓病の食事療法で減塩はとても大切なポイント

さて味覚は高齢者では鈍る傾向があります。

特に透析者の年齢を見ると高齢化が伺えます。

口腔ケア(口の中をいつも清潔に)する事で、
塩味の識別率が向上したというデーターがありました。

薄味を美味しくいただく為に、口腔ケアを怠らないように
する事が大切ですね。
プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。