スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンについて

透析をされている方によく起こる
 ”高リン血症”

その原因について文献より(医学と薬学 vol,63 39-44)

1)必要量より多くのリンが体内に入る
  ・リンの過剰摂取
   食事より,また輸液より
  ・ビタミンD作用過剰⇒腸管からのリンの吸収が↑

2)尿へ余分なリンが排泄されない
  ・腎機能の低下により排泄できない
  ・PTHの作用不全⇒腎尿細管からのリンの排泄が低下
  
3)細胞内に含まれるリンが血液中に移動する
  ・二次的であるが,体内が酸性に傾く(代謝性アシドーシス)により
    PTHの合成が促進して高リン血症を起こす場合がある。
  ・腫瘍壊死や溶血性貧血などにより細胞が壊れる事で起こる。


血液中のリン上昇には様々な原因が考えられるようです。

原因疾患の治療によって改善が可能であるので,
しっかり原因を探ることも大切です。


     
  

ネフローゼ症候群と食事3

[食事摂取量の概算]



★蛋白摂取量(maroniの式)(g/日)={尿中尿素窒素排泄量(g/日)÷0.331g×体重(kg)※1}×6.25 
  ※1 その時の体重 

★1日食塩摂取量=尿中ナトリウム排泄量(mEq/日)÷17

★1日カリウム摂取量=尿中カリウム摂取量(mEq/日)÷13

ネフローゼ症候群の食事2

ネフローゼ症候群では,浮腫を伴っている場合が多く,
塩分制限や,時には水分制限の指示も出る場合が多いかと思います。


しかし急性期の患者さんは,
体重や血圧,脈拍や尿量などを把握しながらの,
利尿剤,塩分・水分制限の解除の時期が難しいようです。

病状に適した栄養指導が治療には欠かせないので,
常に,患者さんデーター把握を,管理栄養士サイドでも
していくことができれば,より的確な指導ができるかと思います。

ネフローゼ症候群の食事1 

ネフローゼ症候群では,合併症として高脂血症を
伴う事が多く,脂質の摂取が難しいところである。

Yeunらの文献によると

アメリカの基準としては, 
脂質エネルギー比 30%以下, 
コレステロール200mg/日以下
PUFA(高度不飽和脂肪酸 主に魚油に含まれる)を総エネルギーの10%

を推奨している。

日本においては上記のエビデンスが十分でない理由で,
採用されていない。

水分の摂り方

連日35℃を超す猛暑が続いています。

透析患者さんや,浮腫を伴う保存期腎臓病の方は
日ごろから水分制限をされているかと思うのですが

この猛暑では,過度の水分制限が熱射病や脱水を招く恐れがあります。

炎天下での外出を控えながら,暑い時は,保冷剤などで首筋を冷やすのも
熱射病を防ぐ一つかと思います。

水分は,汗をかいた時はミネラル類が入っている
スポーツドリンクを凍らせて
飲むと脱水の予防にもなります。

透析患者さんの場合は,透析間の体重増加を目安として
上手な水分補給を!

プロフィール

透析栄養ケアステーション

Author:透析栄養ケアステーション
腎臓病・透析の最新情報局~キドニー(kidney)~ようこそ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。